水槽日記


by potyomy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2005年 10月 01日 ( 1 )

こんばんわ、ポチョムです。

さて、以前から目星をつけていたヤドカリ屋ショップに行ってまいりました。
どうも不動産業務の傍らに趣味でお店もやっています、というような感じのお店でした。
とはいえ、趣味でやっていそうというだけあって、色々とお話が聞けて大変楽しかったです。

このお店でペット用のパネルヒーター、人工海水、温度計湿度計、サンゴ砂、塩土、流木、貝殻、さらに小さ目のオカヤドカリを2匹購入しました。(一つ前の記事に書いてあるやつです)
ショップを眺めながら、なんとなくやってみたいなーと思っていたことをさらにやってみたいと思うようになりました。
なにかというと、オカヤドカリと水棲のヤドカリを両方飼うということです。
このショップには水棲ヤドカリの水槽が展示されていたのですが、それがなかなか楽しげでした。

今考えているのが、現在家にある60cm水槽の中に、小さ目のキューブ水槽をいれて、その周りに砂を敷き詰めてオカヤドカリの居住区にし、キューブ水槽に小さ目の水棲ヤドカリの住居を建設するということです。
オカヤドカリが行き来でき、なおかつ溺れないように、流木(サンゴ)
でしっかりと足場兼橋をかけるというものです。
キューブ水槽を入れることでオカヤドの砂地が狭くなってしまいますが、その点はオカヤドの砂地を上下二層にわけてスペースを確保し、高さを確保するために水槽の天井のふたを、プラスチック板で自作して水槽の天井より上に空間を確保することでなんとかなるんじゃないかなぁ?とか考えたりしています。
といってもまだ考えている段階なだけなので、またショップにいったときにでも相談をば。

とまぁ、構想はさておき、貝殻と人工海水について。
貝殻はやはり気に入るか、もしくは替える必要がなければ特に貝殻には興味を
しめさないようです・・・せっかくきれいな貝を入れても、飼い主の期待なんて知るかYO!ということで。

人工海水は、オカヤド様の好みにマッチしたようで、ずっと海水に浸かってます。
でもここで一つ問題が生じました、ヤドカリの中でもっともでかく、もっとも偉そうなジャイアン(暫定的にこう呼ぶ)が、どっしりと海水の入ったお皿に腰をおろし他のよってくる雑魚どもを足で蹴りだす始末。
お前らは俺の垢の浮いた残り湯にでも浸かりな、といっているようです。
そんなことやってると脱皮のとき下克上されるのではないかと思ったり思わなかったり。(といっても脱皮を始めたら邪魔されないように隔離しますが)

本日の餌
桜海老、塩土、人工飼料
[PR]
by potyomy | 2005-10-01 00:00 | 水槽