水槽日記


by potyomy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:水槽( 11 )

こんばんwぁあぁぁああ、ポチョムです。
ここ最近頻繁に更新してた分すこし倦怠感に襲われましたが、無事復活しました。

というわけで、我が家の水槽たちの近況をば

海水水槽は、立ち上げてから20日を越えました。
入っているのはヤドカリ4匹にマガキガイ、リュウキュウムシロガイの計6匹+ライブロックでしたが・・・・ここで残念なことが・・・・













みんな藻を食べるはずなのに藻が減りません!!



HEHE、みんなばりばり元気ですよ。
最近は水質が落ち着いたのか、藻が生えたり、プランクトンみたいなのが泳いでたり、ピンク色のウミウシ?みたいなのが壁に張り付いてたり、いたるところからにょきにょきっとイソギンだったりよくわからない触手が生えてたりします。(なんかよく分からないものもたくさん)
寒くなってきたのでヒーターも投入し、水温26度で安定しております。
ただ少し水槽がコケで曇りがちなので、今度水槽についたコケをきれいに取ろうかと思ってるのですが、個人的にはコケも多少見えるくらいがいいかなーとも思ってたりします。(コケって見栄えが悪くなる以外に実害あるのかな?)

さて、順調な海水水槽に比べ、オカ@たちの水槽に残念なことがおこりました。










夜中うるせぇ・・・(;´Д`)

先日砂を洗ったりしたので、少しレイアウトをいじったのです。
どうもそれが@たちにマイブームを起こしたのかわかりませんが、
夜中うろうろ動き回っては、ごちっ、がたっ、がちゃん、がりがり、と大合唱
以前から@たちの行動を見ていて、若干気がついていた点をレイアウトに反映させてみたのですが、それが大当たりだったようです。
どうもうちの@たちは、水槽の四隅に歩いていっては、ガラスの壁に阻まれるにも関わらず、外へ外へいこうとがりがりします。(四隅でやる確率が高い)
そこで流木なんかを、水槽の角のところに立てて配置してみたのです。
するとこれがまた良く登る・・・
なんか習性があるんでしょうかねぇ?
他にも、貝殻をいれてるのですが、それをいじくりまわしてたりもよくします。
でも今のところ貝殻を換えることはしてないので、気に入らないのだろうか。
今度また貝殻を調達してこようと思います。




オカ@の水槽も、サンゴ@の水槽も、だいぶ落ち着いてきたようでひとまず安心しました。
[PR]
by potyomy | 2005-10-25 00:39 | 水槽

埋没

こんばんわ、ポチョムです。

我が家の水槽は、今のところ一人も脱落者を出すことなく、だいぶ落ち着いてきたようです。
オカ@たちはあいもかわらず、のっそりもっそりとポップコーンを食い散らかしては寝るという至極平和な日常を送っているようです。

さて、まったりしたオカ@水槽に比べ、海水水槽はわりかし変化が色々でてきました。

何かというと・・・
ソフトコーラルっぽいのきたぁぁっぁぁぁああぁああああ!
ヤドカリたちが色々ライブロックをいじりまわすので、ところどころ石灰藻がはがれたりしてるところがあるのですが、その中から・・・・にょきにょきっと結晶みたいなのが生えてました。
なんだろーとじーーーっと見てみると、なんかたまににょろにょろ動いたりしています。
イソギンか何かと思ったのですが、どうもサンゴのような気がします!
サンゴでもイソギンでもどちらでもうれしいですが、できればサンゴだとうれしいですね!

さらに!
もう一匹イソギンチャクきたっぁああぁあぁああああ!
なんか少し色がついたかなり小さいイソギンチャクを発見しました。
若干水槽が落ち着いてきたのか、いろいろなものがでてきてかなり楽しくなってまいりました。

新しくでたサンゴっぽいのとイソギンチャクは、写真写りが悪くて(場所が悪い)ここには載せられませんが、一番最初に見つけたイソギンチャクは、↓に。

私のデジカメは結構古いやつなので、写りが悪いですが、この白っぽいのがイソギンチャクです。(今は開いた状態ですね)
実はこいつ、何気に大きくなりました。
[PR]
by potyomy | 2005-10-14 01:39 | 水槽

ヤドカリ戦隊

こんばんわ、ポチョムです。

マイ水槽に住人が増えました。
紹介します、左から、サンゴヨコバサミ、スベスベサンゴヤドカリ、ウスイロサンゴヤドカリです。


もう一匹、タテジマヨコバサミというのがいるのですが、ライブロックのすきまに入ったままでてきませんので、写真はまた今度にでも。

これで現在のポチョリヌ水槽の戦力は、陸上戦力にオカヤドカリが5匹、海上戦力にヤドカリが4匹、マガキガイが1匹、リュウキュウムシロ貝が1匹となかなかのものになりました。
今後さらに甲殻類路線を突き進むか、魚に浮気するかは悩みどころです。
オトヒメエビをドラフト指名してみたいのですが、ガチンコ水中戦争が勃発するような気がしてなんともかんとも。
フリソデエビは餌のヒトデを常にキープしておかねばならないので無理かなぁ。

オカヤドカリは今日もまったりしております。
(夜中はうるさいですがね・・・ガリガリ、ガチャッ、ガサガサと)
[PR]
by potyomy | 2005-10-10 20:49 | 水槽
こんばんわ、ポチョムです。

さて、海水のみで数日、そしてライブロックをいれて一日水槽をまわしました。
そろそろ何か生体を入れたいなと思い、掃除屋を雇いました。
マガキガイリュウキュウムシロガイです。



左がリュウキュウムシロガイ、右がマガキガイです。
リュウキュウムシロはナメクジみたいなものです、これは割と普通なキモサ。
問題はマガキガイです、すばらしい見た目、といってもこの写真じゃそのキモサは写ってないですけどねw
今度いい写真が取れたらまたアップしようと思います、こいつのキモサは素敵です。

何気なく始めたこの海水水槽。
不思議なもので、ライブロックと海水しか入っていないのですが、何故か眺めているときれいに見えたりするのです。何気に楽しい・・・
ライブロックに小さいサンゴ(名前が思い出せない)の切れ端のようなものが付着しているので、ひょっとすればこれが育ったりするんじゃないかとか楽しみにしてたりします。
はやく何か生き物が顔を出してくれるとうれしいものです。

ところかわって今度は陸上の@の話題をば。
最近ちび@2匹がまったく顔を出していなかったのですが、たまたま水をお皿に補給していたら少しこぼしてしまいました。その後しばらくすると、このように。↓

多分水がこぼれたのにびっくりしてでてきたのかなと思われます。
しばらく所在が確認できなかったので、てっきり脱皮中なのかと思っていましたが、ただ潜っていただけのようです。(とはいえもう一匹潜ってるのでそちらが脱皮中ということは大いにありうる)
最近は@水槽は場所決めがほぼ決定してしばらく動かしていないのですが、大分水槽のレイアウトに慣れたのか、結構流木に登る回数が増えてきました。
たまに落ちてごとっ、と音がしますのでよくわかります。
[PR]
by potyomy | 2005-10-07 23:20 | 水槽
こんばんわ、ポチョムです。

これを見ていただきたい。
以前買ってきた30*20*24水槽の現在の姿である。




中央に置かれている石が見えるだろうか。
これはライブロックといい、主にサンゴの死骸の石灰石などの表面に赤い石灰藻という硬い藻のようなものが付いている石であります。
これに付着したバクテリアが、水槽内の水質を維持してくれるそうです。
海水初心者な私としては、できるだけ順調に事を進めたいため、このライブロックを導入したわけです。
(特Aグレードとかいう、いかにもよさそうなランク)
この左側の大きいのが大体1kg、右側の少し小ぶりなのが0.5kgほどであるわけです。
で・・・・


1kg=4000円

( Д)              ゚ ゚

HEHE、これ石だよね・・・

実は先日、超近距離に海水魚専門の3階建ての大きめのショップがあることに気付いたので、早速下見がてらライブロックを買ってきたのですが、ライブロックはあくまで序章に過ぎなかったのです・・・・

そのショップはサンゴやらイソギンチャクやら超希少な魚やらがかなり美しい水槽の中に泳いでいました。(本気でビューティフル)
あれを見るとサンゴ水槽をやってみたいと思う人は多いのではなかろうかというくらいきれいでした。

だがしかし

高杉晋作も、↓こうなるくらい↓
( Д)                  ゚     ゚
高すぎ。

数cmのサンゴが1万とか、2cmのエビが3万とか、恐ろしい世界です。
いやはや、さすが海は怖いね(注:NOTさん)
私はとりあえずスベスベサンドヤドカリを狙いたいものです。
あとニモ(カクレクマノミ)もちょっといれてみたいかも。


本日の@

[PR]
by potyomy | 2005-10-06 19:14 | 水槽

写真投下

おはようございます、ポチョムです。

デジカメのケーブルを買ってきたのでこれからちらほら写真を上げていこうと思います。

熾烈なポップコーン争奪戦・・・

たとえ親子といえども・・・(嘘)




ちび@がポップコーンをむさぼる一方
虎視眈々と獲物を狙う我が家最大の@





@の餌に新戦力を投入してみました。
その名もカトルボーン。
たまに海岸に打ち上げられている、白いサーフボードを小さくしたようなイカの甲羅です。
早速与えてみたところ、このようにしがみついたままずっとかじっておりました。

[PR]
by potyomy | 2005-10-05 06:50 | 水槽

海水水槽

こんばんわ、ポチョムです。

昨日買ってきた水槽で、早速海水水槽を立ち上げてみました(といっても中は海水と砂だけ)
とりあえずは実験用として立ち上げたため、ライブサンドなどもちろん使っていません。
まだ比重が1.023なだけの海水なので、当然生き物などは何も入っておらず、完全に透明な海水になるにはもう少し時間がかかりそうです。
(サンゴ砂に付着してる微小な粉末とかは沈殿まち)

次に準備したのが流木です。
今まで入れてたのは水にいれることはなかったので、水槽内に投入するため4時間ほど鍋で煮込んでみました。(強制アク抜き)
途中何度か水を変えて煮込んだので、最後の方は残り湯がほとんど透明でした。
ということで水面に一部がでるように流木を立てて投入。

さて、ここでヤドカリの風呂のついでに観測ということで、一匹ずつ投入。
時間はおぼれては困るので一分ほど。
彼等の行動をじっとして観測しながらいくつか気がついた点を。

水中では陸上ほど上手く登れない。
陸上だと上手いこと木によじ登ったりするオカヤドカリですが、水中だと陸上ほど上手く登れないご様子。
というのも、彼等は色々な突起に足を引っ掛けて登るわけですが、水中では軽くなってしまうため、あまりがっちりと引っ掛けられないようです。
さらにそこで水流というものがありますから、結構ころころと落ちてしまうことがあります。
水中での水流というのは、オカヤドカリにとってはかなりの力だと思われます。

彼等がどうすればおぼれないように出来るかということを考えると、まず四方の壁にすべて大きめの突起をつけるか、傾斜角のゆるい海岸のようなものを作ってあげるか、というようなことが考えられます。
彼等は壁があった場合、そこにおよそ足を引っ掛けることができなくても、しばらく足を引っ掛けようと努力します。
しばらくすればそれに気が付いてあきらめて移動するのですが、水中では時間のロスが大きいため、この行為が危険となりうるかもしれません。
水中で登りやすそうなものといえば、穴がたくさんあいているサンゴ石とかかなぁ。
そこらへんは色々実験してみようと思います。

それではまた~。
[PR]
by potyomy | 2005-10-04 02:35 | 水槽

水槽もう一つ購入

こんばんわ、ポチョムです。

今日新たに30*20*20の小さ目の水槽を買ってきました。

上部フィルター式の濾過機、ヒーター、人工海水、比重計、水温計、カルキ中和剤も一緒に購入してきました。
水質調査用の薬はまだですが、とりあえず水槽を回せるものは一通りそろいました。
まずはこれに海水とサンゴ砂を入れたものをオカヤドカリの本水槽にいれて、オカヤドたちがどういう行動をとるか見てみようと思います。
といってもオカヤドカリがきちんと砂場に戻れるように足場は作りますし、見ていないときはその足場を外して海水水槽に進入できないようにしようと思います。
もしこれで悠々と自力で戻れるようなら、本格的に水棲ヤドカリを飼うための海水水槽の準備を始めようと思います。

エラ呼吸であり、かつ空気中の水分を貯めてエラ呼吸しているのに、なぜ溺れるのか。
詳しい検証サイトは探してみたけど全然見当たりませんねぇ。
[PR]
by potyomy | 2005-10-02 19:28 | 水槽
タイトルは、オカヤドカリを飼ってみてよく目にする行動を羅列してみました。
オカヤドカリはその中でも掘るのと上るのが趣味のようです。(もちろん個体差はありますが)
彼らはこれらのコマンドをよく連鎖させてコンボを達成します。

食う→寝るコンボは見慣れた光景といえましょう。(私も得意です)

上る→ひっくり変えるコンボはある意味このヤドカリの愛嬌の一つだったりします。
水槽内には流木を2つ設置してあるのですが、そのうちの一つを寝かすのではなく立ててみたところ、イソイソと上り始めました。
以前から隠れ場所として用意してあったかごの上に上ってみたりしていましたので、上るかなと思って立ててみたら案の定でした。
(そしてたまに落っこちてひっくり変えるのも予想通り)
この光景は見てみて楽しいです。

そしてオカヤドカリが誇る最強コンボが、掘る→ひっくり返すコンボです。
オカヤドカリはよく土を掘って潜ります。
それ自体は特に問題ないのですが、大体掘りたがる場所というのが、餌皿の下とか、水入れのお皿の下だったりします。
サイズの大きいオカヤドカリだと、力でお皿を持ち上げたりしてひっくり返すことが可能であったりと、かなりパワフルです。
サイズの小さいオカヤドカリでも、お皿の下を掘りまくることで、お皿が傾いて中の水がこぼれたりします。(水がこぼれるのと砂がぐちゃぐちゃになるのでこれが結構痛い・・・)

私の水槽では恐らく発動不可能でしょうが、他にも逃亡スキルを有しているようです。
このスキルは発動されると命に関わりますので(オカヤドカリの)、十分注意して発動できない環境を維持しようと思います。

本日の餌
魚の煮干、人工飼料、塩土

湿度 70%
温度 26~28℃


デジカメのUSBケーブルが行方不明。
[PR]
by potyomy | 2005-10-02 02:35 | 水槽
こんばんわ、ポチョムです。

さて、以前から目星をつけていたヤドカリ屋ショップに行ってまいりました。
どうも不動産業務の傍らに趣味でお店もやっています、というような感じのお店でした。
とはいえ、趣味でやっていそうというだけあって、色々とお話が聞けて大変楽しかったです。

このお店でペット用のパネルヒーター、人工海水、温度計湿度計、サンゴ砂、塩土、流木、貝殻、さらに小さ目のオカヤドカリを2匹購入しました。(一つ前の記事に書いてあるやつです)
ショップを眺めながら、なんとなくやってみたいなーと思っていたことをさらにやってみたいと思うようになりました。
なにかというと、オカヤドカリと水棲のヤドカリを両方飼うということです。
このショップには水棲ヤドカリの水槽が展示されていたのですが、それがなかなか楽しげでした。

今考えているのが、現在家にある60cm水槽の中に、小さ目のキューブ水槽をいれて、その周りに砂を敷き詰めてオカヤドカリの居住区にし、キューブ水槽に小さ目の水棲ヤドカリの住居を建設するということです。
オカヤドカリが行き来でき、なおかつ溺れないように、流木(サンゴ)
でしっかりと足場兼橋をかけるというものです。
キューブ水槽を入れることでオカヤドの砂地が狭くなってしまいますが、その点はオカヤドの砂地を上下二層にわけてスペースを確保し、高さを確保するために水槽の天井のふたを、プラスチック板で自作して水槽の天井より上に空間を確保することでなんとかなるんじゃないかなぁ?とか考えたりしています。
といってもまだ考えている段階なだけなので、またショップにいったときにでも相談をば。

とまぁ、構想はさておき、貝殻と人工海水について。
貝殻はやはり気に入るか、もしくは替える必要がなければ特に貝殻には興味を
しめさないようです・・・せっかくきれいな貝を入れても、飼い主の期待なんて知るかYO!ということで。

人工海水は、オカヤド様の好みにマッチしたようで、ずっと海水に浸かってます。
でもここで一つ問題が生じました、ヤドカリの中でもっともでかく、もっとも偉そうなジャイアン(暫定的にこう呼ぶ)が、どっしりと海水の入ったお皿に腰をおろし他のよってくる雑魚どもを足で蹴りだす始末。
お前らは俺の垢の浮いた残り湯にでも浸かりな、といっているようです。
そんなことやってると脱皮のとき下克上されるのではないかと思ったり思わなかったり。(といっても脱皮を始めたら邪魔されないように隔離しますが)

本日の餌
桜海老、塩土、人工飼料
[PR]
by potyomy | 2005-10-01 00:00 | 水槽