水槽日記


by potyomy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

RogueLike

恐らく知ってる人は少ないであろう、Angbandというゲームをご存知でしょうか。
BLOGを付けるにあたり、水槽以外にこの話題には必ず触れようと思っておりました。

グラフィックがきれいになる一方の昨今のゲームでありますが、まったくグラフィックを省みないすばらしいゲームがこのAngbandです。
公式HPはこちら(英語)
このゲームの世界は、指輪物語などで知られるJRRトールキンの世界が元になっています。
ロードオブザリングというとほとんどの方は知っているかもしれません。

このゲームは、色々なバリアント(Angbandを元にした変種)が存在します。
恐らく初めてやるなら、ZAngbandというバリアントがよいでしょう。
ちなみに私が初めてやったバリアントかつ、ネットゲームはMangbandでした。
Angbandはオフラインゲームですが、このMangbandはオンラインゲームです。
今現在もlaggardサーバーでプレイさせていただいております。
主にこのカテゴリーの話題はMangbandについて書いていくことになると思います。

さて、このMangbandですが、初めてやる方はかなり敷居が高いと感じることでしょう。
ゲームの目的自体はいたってシンプルです、オンライン版で、リアルタイムなトルネコと考えてもらえればなんとなく想像はつくでしょうか。
100階にいらっしゃいます、モルゴス様というボスを倒すことです(ダンジョンは127階まであります)
また、サーバーに一つだけのアーティファクトといわれるアイテムが、そして中ボスという感じのユニークモンスターが存在します。(ただしユニークは時間で復活します)
ゲーム画面はこんな感じになっております。
e0087557_2565324.jpg

見てください、この素晴らしいグラフィック。
左上がゲーム画面、右上のウィンドウが所持アイテム一覧、左下がメッセージウィンドウ、右下が装備欄ウィンドウとなっております。
キャラクターは@ですよ、@。
2chのペットスレでは、ヤドカリを@とよく表記したりします、ということでさらに素晴らしい(?)
操作は全てキーボードです。恐らく最初は操作性で初心者の方は挫折されることでしょう。
魔法を唱えるのであれば、
m(魔法を唱えるコマンド)→a(持ち物欄のaの魔法書)→b(魔法書の中の、bの魔法)
これが魔法を唱える手順であったりします。

どうですか、めんどくさいでしょう?
ですが安心してください、マクロを作成することができます。
さらにこのゲームは、ターン制ではなくリアルタイム制のため、ちんたらやってるとすぐ殺されます。
ちなみにデスペナは、アイテム、お金を全てその場にばら撒き、今まで獲得した総経験値が半分(つまりlvダウンします)という優遇っぷりです。
死ぬと上のデスペナを受けた上で、幽霊状態となり、現在いる階層のどこか別の場所にとばされます。
このとき、他のプレイヤーさんに助けを求めて、装備の回収、もしくは蘇生してもらうことも可能です。
ですが、深層になればなるほど、助けを待ってる間に↓のような惨事が起こる可能性があがります。
さらにその状態から攻撃されてHPが0となると驚きの特典がついてきます。

キャラクター消滅


これだけ聞くとかなりひどいゲームになりますが、大変面白かったりします。
興味のある方は、こちらのリンクから色々たどってみてください。
hirozoさんのMangband写真館
その面白さについては、次の記事で語ろうと思います。


今日の教訓はこちら

最初は消滅しても泣かない
[PR]
# by potyomy | 2005-10-02 03:20 | *Angband
タイトルは、オカヤドカリを飼ってみてよく目にする行動を羅列してみました。
オカヤドカリはその中でも掘るのと上るのが趣味のようです。(もちろん個体差はありますが)
彼らはこれらのコマンドをよく連鎖させてコンボを達成します。

食う→寝るコンボは見慣れた光景といえましょう。(私も得意です)

上る→ひっくり変えるコンボはある意味このヤドカリの愛嬌の一つだったりします。
水槽内には流木を2つ設置してあるのですが、そのうちの一つを寝かすのではなく立ててみたところ、イソイソと上り始めました。
以前から隠れ場所として用意してあったかごの上に上ってみたりしていましたので、上るかなと思って立ててみたら案の定でした。
(そしてたまに落っこちてひっくり変えるのも予想通り)
この光景は見てみて楽しいです。

そしてオカヤドカリが誇る最強コンボが、掘る→ひっくり返すコンボです。
オカヤドカリはよく土を掘って潜ります。
それ自体は特に問題ないのですが、大体掘りたがる場所というのが、餌皿の下とか、水入れのお皿の下だったりします。
サイズの大きいオカヤドカリだと、力でお皿を持ち上げたりしてひっくり返すことが可能であったりと、かなりパワフルです。
サイズの小さいオカヤドカリでも、お皿の下を掘りまくることで、お皿が傾いて中の水がこぼれたりします。(水がこぼれるのと砂がぐちゃぐちゃになるのでこれが結構痛い・・・)

私の水槽では恐らく発動不可能でしょうが、他にも逃亡スキルを有しているようです。
このスキルは発動されると命に関わりますので(オカヤドカリの)、十分注意して発動できない環境を維持しようと思います。

本日の餌
魚の煮干、人工飼料、塩土

湿度 70%
温度 26~28℃


デジカメのUSBケーブルが行方不明。
[PR]
# by potyomy | 2005-10-02 02:35 | 水槽
こんばんわ、ポチョムです。

さて、以前から目星をつけていたヤドカリ屋ショップに行ってまいりました。
どうも不動産業務の傍らに趣味でお店もやっています、というような感じのお店でした。
とはいえ、趣味でやっていそうというだけあって、色々とお話が聞けて大変楽しかったです。

このお店でペット用のパネルヒーター、人工海水、温度計湿度計、サンゴ砂、塩土、流木、貝殻、さらに小さ目のオカヤドカリを2匹購入しました。(一つ前の記事に書いてあるやつです)
ショップを眺めながら、なんとなくやってみたいなーと思っていたことをさらにやってみたいと思うようになりました。
なにかというと、オカヤドカリと水棲のヤドカリを両方飼うということです。
このショップには水棲ヤドカリの水槽が展示されていたのですが、それがなかなか楽しげでした。

今考えているのが、現在家にある60cm水槽の中に、小さ目のキューブ水槽をいれて、その周りに砂を敷き詰めてオカヤドカリの居住区にし、キューブ水槽に小さ目の水棲ヤドカリの住居を建設するということです。
オカヤドカリが行き来でき、なおかつ溺れないように、流木(サンゴ)
でしっかりと足場兼橋をかけるというものです。
キューブ水槽を入れることでオカヤドの砂地が狭くなってしまいますが、その点はオカヤドの砂地を上下二層にわけてスペースを確保し、高さを確保するために水槽の天井のふたを、プラスチック板で自作して水槽の天井より上に空間を確保することでなんとかなるんじゃないかなぁ?とか考えたりしています。
といってもまだ考えている段階なだけなので、またショップにいったときにでも相談をば。

とまぁ、構想はさておき、貝殻と人工海水について。
貝殻はやはり気に入るか、もしくは替える必要がなければ特に貝殻には興味を
しめさないようです・・・せっかくきれいな貝を入れても、飼い主の期待なんて知るかYO!ということで。

人工海水は、オカヤド様の好みにマッチしたようで、ずっと海水に浸かってます。
でもここで一つ問題が生じました、ヤドカリの中でもっともでかく、もっとも偉そうなジャイアン(暫定的にこう呼ぶ)が、どっしりと海水の入ったお皿に腰をおろし他のよってくる雑魚どもを足で蹴りだす始末。
お前らは俺の垢の浮いた残り湯にでも浸かりな、といっているようです。
そんなことやってると脱皮のとき下克上されるのではないかと思ったり思わなかったり。(といっても脱皮を始めたら邪魔されないように隔離しますが)

本日の餌
桜海老、塩土、人工飼料
[PR]
# by potyomy | 2005-10-01 00:00 | 水槽

オカヤドカリ始めました

海さんの水槽日記に触発されて、水槽始めました。
筆不精ですが、こつこつと育成日記を書いていこうと思います。

さて、水槽といっても中に水ははいっていません、オカヤドカリです。
あまり手間がかからず、癒し系ということで最近流行ってきてるらしいとのこと。
といっても、できうる限り手間をかけて育てたいと思います。

何でもオカヤドカリはかなり長く生きる生き物で、
自然下では30年生きるともいわれているようです。
人間の飼育下では恐らくそんなに長生きさせることはできないでしょうが、
できる限り長生きできるように飼いたいですね。

現在水槽の中にいるのは、計5匹のオカヤドカリ。
数週間前に買ったかなり大きいサイズのヤドカリ3匹に、
本日小さいのが2匹新居にやってまいりました。
どうも大きいヤドと小さいヤドを見比べていますと、
大きいヤドがどっしり、かつのほほんとしているのに対し
小さいヤドはびくびく、かつせわしなく動くようです。
でも間抜けたところはどちらもまったく同じようです

そうそう、最初三匹を買ってきたとき、そのうちの一匹が早々に
脱皮を始めてしまったために大分あたふたしていたのですが、
何とか無事脱皮を終えてくれてほっとしました
ただ触覚が一本欠けてしまったようで、脱皮は色々大変なようです
(触覚は脱皮を繰り返すと再生するらしい(足も))

写真は後ほどウプする予定です。
ではでは
[PR]
# by potyomy | 2005-09-30 00:00 | 水槽